<< ゆらゆら〜と初夏 | main | おやすみしやす >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

メモ

●暇な時読むインタビュー
http://www.juicemusic.com/0607/zZz%20vs%20DMBQ.html

●某掲示板から転載。
坂本「俺ね雑誌とか読んでると、必ず強烈なルックスにどうのこうのとか    
   書いてあるわけ。
   それ、亀川君のことだと思ってたの。」
増子「まさか自分だとは思わなかった?(笑)」
坂本「そう。どうやら自分の顔面のこといってるんだと判明したら、寂し 
   いのと怒りと(笑)。
   う〜ん、でも、これでいいのかなって。」
増子「顔もロックだからね。大事だよ。」
坂本「昔、長髪でまゆげが麻呂みたいだった時とか、
   バイトの面接行く前の履歴書で全部落ちちゃって。」
増子「そりゃそうだよ!」
坂本「写真で全部落とされるから俺も頭使って、髪の毛をふわっとさせて
   後ろで結わいて、
   普通の白いシャツ着てスピード写真撮ったら、余計怪しくなっ 
   ちゃって(笑)。」
増子「長髪のほうがまだバンドやってるって分かるもんね(笑)。
   どういうバイトの面接行ったの?コンビニとか客商売は?」
坂本「ちゃんぽん屋。ヒドかったよぉ。現場の親方が毎日通ってきてたん
   だけど、どうやら俺を女と思ってたみたいで。
   俺目当てだったの(笑)。」
増子「うわっ、凄いじゃん(笑)!!」
坂本「『いやぁ〜このちゃんぽん屋は最高だよな。
   ちゃんぽんはうまいしよぉ、なんてったってかわいこちゃんはいる   
   しよぉ〜』って(笑)。そうすると店内凍りついて。
   『あれ男ですよ』ってなったら、怒ってかるく店のモノとか壊 
   ちゃって。」
増子「でもさ、坂本君を女と間違える?」
坂本「そういう話はね、きりがない。いっぱいエピソードありすぎて。」
増子「そっか、松居君の彼女と思われてたんだもんね(笑)。」
坂本「そう。」

増子「その時代に坂本君はまゆげは無いし変な格好をしてたから。」
坂本「昔は山口冨士夫さんとか、まゆげが無かったし、
   まゆげが無いというのは一個のスタイルとしてあったからね。
   だから俺はそれと差別化するために剃らないで刈って0.5ミリぐ
   らい残してた。」
増子「刈ってたの(笑)!
   今、まゆげあったら道歩いててもわかんないよ。」
坂本「まゆげあったらすごいマヌケなの(笑)。
   海苔みたいで。」
mixiLOG | - | -

スポンサーサイト

- | - | -

zapping

気ままに好きなモノ垂れ流し

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
発光体
発光体 (JUGEMレビュー »)
ゆらゆら帝国, 坂本慎太郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
*
OTHERS